他者からの自分の評価がどうしても気になってしまう

スピリチュアル

この記事では、日々の生活の中で、他人の評価や、態度が気になって、ストレスに感じて悩んでいる人が、現状を打破させて、人生の生きにくさから少しずつ解放されて行くためのノウハウを知ることができます。

精神面に寄り添った内容ですので、よろしければご活用ください。

他者からの自分の評価がどうしても気になってしまう時

こういう時、「自己肯定感を高めればいい」と、「自分自身が自分を過小評価していることにまずは気づく必要がある」などのアドバイスを受けたり、そういったコメントや記事を読んだりしたことがあるかもしれません。

確かにそれはそうなのですが、ですけれども、簡単に自己肯定感(自己評価)を高めることができれば、最初から悩むことはないですよね。

なぜなら、頭では理解できても、マインドがついて行けないからです。

マインドとは、心であり、精神的な部分のことを指します。

自分のマインドを受けとめる

ですので、マインド(心)を、少しずつでも、頭で理解していることについて行けるようにして行くためは、精神的な可動域を、無理のない範囲から少しずつ広げて(慣らして)行く必要があります。

悩みの種類がどんなものであっても、全ての悩みの原因は、自分のマインドで抱えている「思い込み」や「信じて疑わないこと」であったり「深く傷ついている部分(トラウマ)」である場合が多いです。

それらが、自分の精神的な可動域を狭めてしまっていると考えられます。

悩みの種類が何であれ、そして原因が何であっても、現状を打破させて行くために、まず初めに取りかかる必要のあることは、ただ1つです。

それは、自分のあるがままのマインド(精神的な部分)を、そのままの状態でまずはOKだと受けとめることです。

「いやいや、全然OKじゃない!」と思う人もいらっしゃるかもしれませんが、まずはOKだと受けとめて行くことで、結果的に、少しずつ精神的な可動域を広げて行けることができるのです。

そのために、まずはOK(今の自分のままで良し)とすることで、初めて、自分のこれまでの殻を破ることができます。

それならば、自分の殻を破って、自分の人間の器を広げるために「OKとする」ことができるのではないでしょうか。

認知療法

今回のケースは、他者からの評価や態度が、どうしても気になってしまう、ということです。

そして、その原因は、自己肯定感が低いことや、自分のことを過小評価してしまうことが原因です。

ですので、「少しでも自己肯定感を高めて、気にしないように心がけましょう。」と言われることもあるかもしれませんが、それができないから悩んでいると考えられます。

あるいは、「自分の認識と行動を変えることが大切です。」と言うアドバイスを受けることもあるかもしれませんが、これも、頭ではわかっていても、実際には、どうしたら自分の認識(マインド)を変えて行けば良いのか、漠然としていて、よくわからないですよね。

心理療法の1つとして、認知療法というものがありますが、これはまさに、自分の物事に対する認識(認知)を潜在意識レベルから少しずつ修正して、そして、自分の認知を健全な形へ修正することができれば自ずと行動も変えて行けるという療法です。

これは、とても効果的な方法ですので、おススメです。

最近は、認知療法の本も多く出版されているので、一度、どんなしくみで自分の偏った主観に沿った思考を修正することができるのか、ご参考になさってみるのも良いと思います。

ありのままの自分を受けとめることが全ての始まり

また、今回ご紹介する方法も、現在抱えているストレスを軽減させることが期待できますので、こちらもぜひ試してみてください。

自分の気持ちに自分で寄り添う

ありのままの自分を受けとめるとは、自分の正直な気持ちを無下にせず、しっかりと理解して寄り添いながら、自分の気持ちを大切に扱う、ということです。

自分の中で抱えている切ない気持ち、この場合は、「どうしても他人の評価や態度が気になってしまう」ということですが、自分のこのようなネガティブ思考に蓋をしたり、あるいは、抑えつけたり我慢をして、どんなに前向きな行動をしても、事態が好転することはありませんので、ご注意ください。

自己肯定感を高めるワーク

自分の中で切実になっているありのままの気持ちをノートや紙に書き出してみてください。

そして、書いた事を改めて見て行きながら、その苦しい感情を、しっかりと味わうようにしてみてください。

ワークはこれだけです。

ワークの解説

このワークは、癒しのプロセスを健全に進ませるために効果的なワークです。

今までは、内側で抱えている切ない思いを、持て余して来たからこそ、ストレスを抱えて、人生に生き辛さを感じてきたはずです。

ですので、このワークで、内側で抱えている切ないネガティブ思考や感情を、まずは書き出して、そして、今まで持て余して来た自分の正直な思いを、じっくりと感じてみてください。

感情は、ガソリンのような燃料と似ていて、ある程度、感じきることができれば健全に燃焼されて行くものなので、今まで抱えて来た重たい感覚や、辛さが、スーッと抜けて楽になる感覚を持てるようになることが期待できます。

それを知らないでいたからこそ、重たくも苦しい気持ちを燃焼させることもできずに、持て余しながらもずっと保持し続け、ずっと辛い気持ちを抱えながら、それでも懸命に生きてこられたのだと思われます。

自分のネガティブな感情をあるがまま感じるということは、自分のありのあままの感情を自分で受け入れることでもあります。

感情は、燃料のように完全に無くなることはないかもしれませんが、ある程度、感じることができますと、だいぶ癒しのプロセスが進んで、これ以上、苦しまなくなって行ける可能性が出てきます。

精神的に抱えている自分の切ないネガティブ思考を緩める

上記でご紹介しましたワークを実際に取り組んでいただけますと、徐々に「感情が楽になる」感覚を掴んで行くことができるようになると思われます。

この感覚を掴んで行くことができれば、これまで、潜在意識レベルで抱えていた、苦しい気持ちを、少しずつ緩めて行くことができるようになります。

今回のケースは、「他人の評価や態度がどうしても気になってしまう」ということですので、自分が潜在意識レベルで抱えてしまっているこの切ない気持ちを、ワークを通じて、癒して行くことができますと、健全な形で、苦しくも切ない感情を、癒して、少しずつ緩めて行くことができるでしょう。

この地道な積み重ねで、これまでストレスに感じている状態から、

  • 他人の評価が気にならなくなる
  • 例えどんな評価をされたとしても以前と比べたらだいぶ平気になっている

少しずつこんな感じの自分へ、徐々に自分で自分を変えて行くことが期待できます。

自己受容

自己肯定感を高めて行くためには、まずは、自己受容が必須です。

ワークを通じて、自分が抱えているありのままの感情を、感じることができた時点で、自分の感情をあるがまま、受けとめたことになり、自己受容がなされたことになります。

つまり、今回ご紹介したワークが自分の自己受容感を促すサポートになります。

自己受容が進みますと、自然に、自己肯定感も高めて行くことができます。

自分の自己肯定感が低く、自分を過小評価しがちだと思う人は、まずは、このワークを通じて、自分を丸ごと受けとめるという感覚を掴んで行けるように、練習をしてみてください。

かなりの効果を期待できるかと思いますので、よろしければ試してみてください。

切ない思い(自分の承認欲求)を癒す

今回のお悩みのケースを抱えている人は、承認欲求が強いからこそ、常に他者からの評価が気になってしまうのです。

承認欲求を持つことが悪い訳ではないですが、これを強く持ってしまっていると、外側からの評価に振り回されて、いつも自分を良く見せようという余分な力が入り、結局、本来の自分らしさを発揮することができなくなってしまいます。

承認欲求は自分の中のネガティブ思考です。

その切ないネガティブ思考が自分の中にあることに、まずは気づくことが大切です。
気づくことができれば、その切ない思いを、癒して行くことができます。

自分の中の承認欲求を癒して行くことができれば、少しずつ自分の無意識下で働いてしまっている「外側からの評価をつい求めてしまう反射的な動き」を緩めて行くこにつながります。

自分の切ない感情を癒して行くことができると、以前と比べると、そのネガティブな感情(今回のケースは承認欲求)に過度に引っ張られなくなり、自分のするべきことに集中できる自分にシフトすることが期待できます。

自分で自分を評価できるようになることを目指す

他者からの評価を得たいという思いは、自分のモチベーションに変えて行くことができます。

まずは、自分で自分のことを認めて、自分で自分に高評価を出すことができるように、つまり自分に自信が持てるようになるためには、どうしたらいいか?ということを前向きに考えて、考えついたことを、1つ1つ行動に移して行けばいいと考えられます。

自分にある程度に自信がつけば、自然と自己肯定感は高まって行きます。

メリットとデメリット

そして、今回のお悩みの状況を、打破させて行くためには、自己肯定感を高めて行くだけでは不十分です。

なぜなら、他者からの評価を得られる人になって行くためには、それなりの責任やプレッシャーもついて来ます。

ですので、自己肯定感だけでなく、「それなりの責任を自分が負う」というリスクも、精神的に受け入れることのできる(人間としての)器も必要になってきます。

物事には、必ず、メリットとデメリットがあります。

デメリットと思われる中にも、必ずメリットがあります。

そして、メリットと思われる中にも、必ずデメリットがあります。

デメリットの側面も受け入れる

ですので、他者からの評価を得られないことに悩んでいる人であっても、評価が得られないことで、実は、得をしているのです。

例えば、他者から評価を得られない代わりに、

  • 責任を持たなくて済む
  • 人から注目をされなくて済む
  • 頑張らなくて済む
  • 努力をしないで済む
  • 怠け者でいられる

というメリットがあるのです。

もしかしたら、他者からの評価を得られないように、自分のことを無意識にも過小評価をしてしまう人は、それによって得られるメリットの方に大きな価値を、無意識にも見出してしまっている可能性があります。

そのことを、自分自身で改めてよく考えてみて、本当に自己肯定感を高めて、他者からの評価を得られる自分へシフトさせて行きたいのか、それには、これまでになかった煩わしい状況や、リスク、そして様々な努力も負わなければならない覚悟が、今の自分にあるのか。

そこを、自分が、精神的な部分でしっかりと納得して、受け入れられているかが、必要になってきます。

精神的な部分で、その状況を、メリットだけでなく、デメリットの部分も、しっかりと受け入れて行ける自分のイメージがうまくできるようになることが必要です。

デメリットの部分も精神的に受け入れられる自分になって行けば、自然に他者からの高い評価も得られる自分へシフトして行くと考えられます。

デメリットの部分を受け入れるために

物事には、必ず、メリットの側面もあれば、デメリットの側面もありますので、自分が未来に望む現実の中にも、そこには、メリットだけではなく、必ずデメリットもあるのです。

普通は、メリットの部分にしか目が行きませんので、デメリットの部分には気づかないことが多いかもしれませんが、自分が本当に望む形を、未来に確実に叶えて行きたいのであれば、デメリットの部分もマインド(精神)レベルで、きちんと受け入れて行かなければなりません。

デメリットを受け入れる方法

そのためには、他者からの評価を得られるようになりたい、他者からの評判が気になって仕方がないと漠然と思っている人は、ここで、もし、本当に評価を得られて、良い評判の中にいる自分のことを想像(イメージ)をしてみてください。

自分の望む理想が現実に起きたと想定して、その中で発生するであろう、あらゆるデメリットの可能性を、想像し尽して行くのです。

そのデメリットが、どうしても精神的に受け入れることができない限り、メリットの部分だけが現実に現れることはありませんので、残念ながら、望む状況を現実に手に入れて行くことは難しいです。

どうしても手に入れたいのであれば、デメリットの部分も少しずつ受け入れて行けるように、何度もデメリットの状況をシュミレーションをするなどをして、繰り返し、そうなった場合の対処法を身に着けたり、そういう状況に耐えられる自分にして行くために、自分で自分を育んで行く必要があります。

そうすることで、デメリットの部分も精神的に受け入れて行けるようになりますと、気づけば、望む現実が目の前に現れて来るようになります。

今回のお悩みのケースでしたら、他者からの評価が気にならない自分になるためには、高評価を得られた時に、そこに居心地の悪さがなく、素直にそれを認められて、嬉しく感じられる自分になれるかが、カギになって行くでしょう。

他者から褒めちぎられた時に、落ち着かない状態になると予測できる間は、まだマインドの準備が整っていないと考えられます。

高評価を受けて、それが当然と思えたり、充実感を感じられるようになる自分をイメージできるようになるまで、少しずつ、自分で自分を慣らして行くようにすれば、徐々に自分のこれまでの殻(枠)を壊して行くことができます。

こちらの関連記事もご参考にしてみてください。

関連記事:

人の目が気になってストレスを感じてしまう
自分の思考の枠を広げる

メルマガ&メール講座のご案内

「心の美しさを取り戻し幸せになる方法」をお伝えするメルマガを不定期で配信しております。

メルマガにご登録いただきますと、翌日から「幸せになるためのセラピー講座(14日間無料メール講座)」をお届けいたします。

メール講座では、マインドを健全に整えて行くノウハウを公開しておりますので、よろしければ、こちらも合わせてご活用ください。

お気軽にご登録ください。

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

ABOUT

緑川アリス
Alice Midorikawa

メンタル心理カウンセラー
スピリチュアルセラピスト、ヒーラー

人生での停滞や生き辛さを感じる時に、このサイトの記事が少しでも幸せへ向かうためのヒントやきっかけになりましたら幸いです。
ABOUT