誰かのことを無意識にもジャッジしてしまう時

メンタル心理

この記事でお伝えしているスピリチュアルな視点を人生に取り入れて行けますと、無意識にも自分の大切な人生の足を引っ張ってきてしまった、自分の思考パターンのクセを緩めて、自分の波動エネルギーを本来の良い状態へ戻して、幸せ体質へシフトすることが期待できます。

無意識にもジャッジするクセ(パターン)のある人

人生に、何かとストレスを感じてしまう人は、無意識にも誰かのことを、そして自分自身のことも、ジャッジ(批判)していることが多いかもしれません。

また、基本的に人生はうまく行っている人でも、さらに人生のステージアップを目指すときに、無意識にも誰かを責めたくなる思いを抱えていることに気づいて、少しずつでも修正して行けると、これまで知らない間に自分のエネルギーを下げてきたことを減らして行くことが期待できますし、自分の限界の枠が広がり、さらなる発展へつなげて行くことが可能になって行きます。

最近の流行りの言葉で言えば、『物事や他者をディスる傾向のある人』は、ご注意ください。

ディスるとは、ディスリスペクトの動詞化の俗語で、『否定する、批判する、けなす』という意味になります。

何かとディスる傾向にあるという自分のパターンに気づけない間は、風の時代と言われている今の時代で生きることは、以前よりも、様々な感情(焦り、嫉妬など)を無意識にも抱えてしまい、余計にストレスや生き辛さを感じることが多くなっているかもしれません。

おそらく、これまでの自分の常識が通用しない時代になって行く中で、ますます物事の停滞を感じることが増えて行くと考えられます。

まずは、そのこと(自分の思考パターンのクセ)に気づくことが大切です。

これからの時代を、自分らしい幸せを見出して行くためには、無意識に働いてしまう自分のパターンに気づくことで、現状を打破して、自分のパターンを乗り越えて行くことができます。

人生にストレスを感じることが多いと思う人は、他者や状況を、無意識にもジャッジしてしまっていないか、ちょっと立ち止まってよく考えてみてください。

まずは自分のパターンに気づくこと

もちろん、誰かをディスりたくなるような気持ちになることは、誰にでもよくあることですのでご安心ください。

気づくことができれば、自ら修正して行けますので、ここから自分のマインドを健全に整えて行けばいいだけです。

また、つい誰かをディスってしまう自分に気づけた時に、その瞬間、自分を不甲斐なく思い、自己嫌悪に陥ってしまって、今度は自分のことをディスってしまうこともあるかもしれません。

自分をディスる必要もありません。自分のちょっと生きることに不器用になっているパターン(ついディスりたくなる自分)に気づいた瞬間に、そんな自分に対してダメ出しをしてしまいたくなる人もいらっしゃるかもしれませんが、そんなことをしてしまったら、さらに自分のエネルギーを下げることになってしまいます。

最初は、このクセからなかなか抜けられないかもしれませんが、これも全て自分が幸せになるための足かせを少しずつ外して行くためですので、徐々に外して行けるようにできたらいいですね。

基本的に、自分の性格がちょっと勝気で、気が強いと感じる傾向にある人は、ご注意ください。その性格の癖が、自分の大切な波動エネルギーを下げてしまい、自分の幸せを阻んでしまいます。

他者のことも、自分のことも、ジャッジする(ディスる)ことは、自分にとって善きことは1ミリも生まれませんし、むしろ、自分のエネルギーを下げるだけです。

ディスりたくなる自分を受け入れる

とは言え、自分の内側にジャッジしたい苦しい気持ちがあるのに、そこを見て見ぬふりをしなさい、抑えなさい、我慢しなさい、と言っているのではありません。

ですけれども、無意識にも自分の意識(思考のクセ、ちょっとキツイ性格)に引っ張られて、自分独自の偏った解釈の中で生きることは、何よりも自分にとって何の得になることはありませんので、本来の美しい心を取り戻すためにも、自分自身のために早めに気づいて行けるといいですね。

まずは、他者のこと、あるいは、自分自身のことを、ついジャッジ(ディスって)してしまいたくなる、切なくも苦しい気持ちが、自分の内側にあることを、自分で受けとめることが大切です。

受けとめることができると、実は、とても楽になります。

気づいて、認めることができますと、苦しい感情を癒して行けます。

癒して行くことができますと、他者や自分をジャッジしたくなる〖自分のこれまでのパターン〗〖ちょっとキツイ自分の性格〗も、いつの間にか消えて行くものです。

性格が真面目で誠実な人ほど、誰かをジャッジしてしまっている自分に気づいてしまうと、そんな自分のことを不甲斐なく思い、今度は、自分のことをジャッジしてしまい、苦しんでしまうかもしれませんね。

切ない自分の思いに自分で寄り添う

大切なのは、ジャッジしていることに気づけたら、自分がジャッジしたくなってしまう正直な気持ちを、ちゃんとあるがまま、認めることです。

そして、そんな自分を自分で理解してあげるのです。

「嫌なのね」

「むかついたのね」

「ジェラシーを感じちゃったのね」

「負けたくないのね」

「イラっときたのね」

「恨めしいのね」などと

自分が感じていることに、正直になってください。

自分に正直になれると、スーッと心が軽くなる感覚があると思います。

自分の気持ちを受けとめられるだけで、これまでいろいろ無駄に入っていた力が抜けて、とても楽になれます。

自分の内側にいるもう一人の自分(インナーチャイルド)が、ちょっと駄々をこねているだけですので、その子の気持ちを汲んであげて、その子が抱えている切ない思いや感情に、自分で寄り添って、落ち着くまで『よしよし』してあげてください。

自分の正直な思いに素直になる

幸せになるためには、まずは自分の正直な気持ちに気づける人になることです。

他者をジャッジ&ディスりたくなっている自分に気づくことができれば、その行為を自分の意思で止めることができます。

他者をジャッジ&ディスることをしなくなれば、これまで無意識にも自分の幸運を遠ざけてしまってきたことも防ぐことにつながり、自分のエネルギーも本来の良い状態へ戻して行けるようになります。

そして、自分の内側に、他者をついジャッジ&ディスりたくなってしまう、もう一人の自分(自我)の存在がいることを認めて、自分の正直な気持ちに、素直になっていいのです。

素直に認めることができれば、癒しのプロセスが進み始めます。

そして少しずつ、生き辛さも少しずつ軽減されて行きますし、遠のいていた幸運も取り戻して、幸せ体質な自分へ戻る(シフトする)ことができます。

現在、開講中のハッピーマインドプログラム・幸せになるためのセラピー講座では、自分のネガティブな気持ちをあるがまま受けとめて、健全に癒して行くためのノウハウをお伝えしておりますので、よろしければご活用ください。

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

ABOUT

緑川アリス
Alice Midorikawa

メンタル心理カウンセラー
スピリチュアルセラピスト、ヒーラー

人生での停滞や生き辛さを感じる時に、このサイトの記事が少しでも幸せへ向かうためのヒントやきっかけになりましたら幸いです。
ABOUT