感情が揺れてしまうことに苦痛を感じる時

感情におびえる
メンタルケア

感情が揺れてしまうことに対して、とても不安になったり、耐えがたい苦痛を感じてしまうことがあるかもしれません。
本記事では、揺れてしまう感情を適切に扱って、苦痛を和らげていく方法をご紹介してまいります。

感情が揺れることに苦痛を感じる原因

私たち人間は、基本的にネガティブな気分になることに対して、自分で自分のことを不快になることから守るために、反射的に抵抗や拒絶が起きる傾向があります。
なぜ抵抗や拒絶が起きるかというと、不快になることから反射的に自分で自分のことを守ろうとする「防衛機制」という防衛反応が起きるためです。

つまり、感情が揺れることに対して、耐えがたい苦痛を感じてしまう原因は、私たち人間の本能的な防衛反応のしくみが原因です。

無意識にも習慣化してしまうクセ

防衛反応は、基本的に自分で自分を不快になることから守るための本能的な反応ですが、時にこの本能的な反応が起きてしまうために、感情が揺れることを自分で許せなくなってしまい、感情を無理矢理に抑圧してしまうクセが、自分でも気づけない中で習慣化してしまうことがあります。

そのために、自分の感情が揺れてしまうことに対して極端なネガティブ反応が出てしまい、それが日常レベルで頻繁に起きてしまうことで、生きることがとても辛いものになってしまうことがあります。

感情が揺れてしまう時の自分の反応

感情が揺れることに対して、不安や恐怖心を抱えてしまっている人は、感情が揺れる度に、急にそわそわして、落ち着かない気分になってしまうかもしれません。

その落ち着かなくなる自分の反応に、さらに不安になってしまうことで、実は、感情が出てこないように無意識にも抑え込もうとする自分の反応が、感情が揺れることに対する耐えがたい苦痛をもたらしています。

苦痛を守ろうとする反射的な反応が苦痛を生み出している

本来は苦痛から自分を守ろうとする自分の本能的な反応が、苦痛を感じることに対して抵抗や拒絶を生み、ネガティブ感情を抑圧しようとすることで余計にネガティブを増幅させてしまいます。
これによって負のループにはまってしまい、自力ではなかなか感情の収拾がつかない状態に陥ってしまうことがあります。

panic

感情は揺れるもの

そういう時に、まず思い出して欲しいことは、私たち人間は、感情が揺れることが正常であり、当たり前だということです。
つまり、感情が揺れることは、人間の健全な反応です。

感情を受け止める

ですので、感情が揺れることに対して、極度な苦痛を感じてしまう人は、自分の心身が当たり前に反応していることに対して、いつの間にか

  • 過度に不快な気分になって、
  • 過度にネガティブな反応が起きてしまう

このような思考パターンのクセを、無意識にも自分で自分に刷り込んでしまった可能性があります。

思考パターンのクセ

思考パターンのクセは、大なり小なり、誰もが持っているものです。
それ自体が悪いものではないですが、時に偏った思考パターンのクセが、自分の生き方そのものに悪影響を及ぼして、人生に生き辛さをもたらす原因になる場合もあります。

自分の偏った思考パターンのクセを知るためには、自分の中で反射的に発動するネガティブな感情を手がかりに、ある程度、自分のパターンに気づくことができます。

ネガティブ感情

一言でネガティブ感情と言っても、自分にとって様々な不快なネガティブ感情があると思います。

例えば、「怒り」の感情です。
怒りの感情は、二次感情と言われていて、実は怒りの感情が浮上してくる前に、一次感情が無意識下で発動しています。

最初の一次感情は、「悲しみ」であったり、「不満」だったりします。
最初の一次感情が現実レベルで心に欠乏感を与えるために、欠乏や不足を感じることで、その状態に対して怒りの感情が出てきます。

怒りの感情の次に、耐えがたい苦痛として感じる感情が「不安」や「心配」です。
不安や心配の感情は、誰にとっても切なくも苦しい感情ですので、不安や心配の感情が顕在意識に浮上してくると、反射的に抵抗や拒絶が起きやすくなります。
また、不安や心配の感情から、二次感情の怒りの感情へも移行しやすいです。

これらのネガティブな感情を「てがかり」に、自分の思考パターンのクセに気づくことができます。

誰もが無意識にも思考パターンのクセを自ら刷り込んでしまう

とは言え、そのような思考パターンのクセを自分に刷り込んでしまった背景には、いろいろなやむを得ない事情が必ずありますので、偏った思考パターンを持つに至ったことに対して、自分で自分のことを責める必要はないですし、そこには「誰も悪者はいない」ということも覚えておいてください。

私たちは、時に、自分でも気づけない中で、いろいろな思考パターンのクセを自ら自分の信念体系として潜在意識に刷り込んでしまうことがよくあります。
これは、誰にでも起きる可能性のあることなので、生きている以上、避けようがありません。

思考パターンのクセを緩めていく

避けようがないので、思考パターンのクセを刷り込んでしまう原因を追究しても意味がありません。
ですので、過去の自分が無意識にも刷り込んでしまった思考パターンのクセに気づくことができたら、その時が、

  • 自分で自分のことを不要に辛くさせている原因を緩めて、
  • 生き辛さから自分を解放させてあげられる

そんな絶好のタイミングになります。

思考パターンのクセに気づくためのヒント

自分の人生を生き辛くさせている思考パターンのクセに気づくための1つのヒントとしては、感情が揺れる感覚が、自分の思考パターンのクセが発動している「てがかり」になります。

ですので、感情が揺れる度に、まずは、自分の中で反射的な抵抗や拒絶が起きていることを自覚するようにしてください。

感情が揺れてもOK

感情が揺れること自体に苦痛を感じてしまう人は、感情が揺れる度に、とても落ち着かない心の状態になってしまうかもしれませんが、まずは「感情が揺れてもOK」だと自分で自分に感情的になることを許してあげてください。

感情は、感じるために顕在意識に浮上してくるものなので、例えそれが不快に感じるネガティブな感情だとしても、それを感じることを、自分に許可を出すようにしてください。

感情

これまでは、許可が出せなかったから、落ち着かなくなってしまっていたと考えられます。
ですので、ネガティブ感情を感じることを自分に許可を出すことができれば、感情を健全に感じることで、しばらくすれば、そのネガティブな感情は、徐々に薄まっていき、最終的には昇天していきますので、安心してネガティブな感情を感じるようにしてみてください。

感情をうけとめる

一度、ネガティブ感情を感じ切って、その感情が昇天していく感覚を掴めるようになると、「ネガティブ感情を感じることは、別に怖いことではない」ということが体感で理解できるようになります。

そうすると、今までのような感情が揺れるたびに落ち着かない気分になって、焦ってしまうことも減らしていけるようになります。

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

ABOUT

緑川アリス
Alice Midorikawa

ライフコーチ
スピリチュアル心理カウンセラー
手相家

人生での停滞や生き辛さを感じる時に、このサイトの記事が少しでもお心を軽くさせることにつながり、幸せへ向かうためのヒントやきっかけになりましたら幸いです。

心の調和が育まれる
ソウルセラピー講座
(無料メールレッスン)

自分の心の叫びの声の先には、たくさんの「自分らしい幸せ」や「人生の宝物」が見つかります。
自分らしい幸せが見つかると、
✦生きづらさからもどんどん解放され
✦生きることが楽になり
✦自分らしい幸せをどんどん
 膨らませられるようになります。

お気軽に無料メール講座にご参加ください。

※メール講座が休止中の期間は、メルマガにご登録の上、再開をお待ちください。
ABOUT