チャクラ

スピリチュアルケア

この記事では、チャクラを整えるための簡単な方法をご紹介しています。
チャクラを整えて行くことは、心身が健やかに、そして幸せ体質へシフトして行くためのサポートになります。

チャクラとは

チャクラとは、私たちの背骨(脊髄)に沿って存在するエネルギーセンターです。そしてそこには複数のエナジーポイントが点在しており、各チャクラポイントでエネルギー / プラーナが集まります。サンスクリット語で、チャクラは車輪という意味があり、人体の中枢を指す言葉として用いられています。

各チャクラは、エネルギーの出入り口でもあり、隣のチャクラへエネルギーを円滑に行きわたらせるポンプのような役割もあり、各チャクラ部位の近くにある身体の臓器の機能や、主要な神経節と相互に連動しています。

チャクラは、現実世界とスピリチュアルな世界を結び付けているとも言われています。

7つのチャクラ

私たちの体にはいくつものチャクラがありますが、基本的なチャクラは、7つあり、各チャクラポイントのエネルギーを活性化させたり、整えることで、心身のバランスを整えて、安定させることができます。

そして各チャクラには、対応する色があります。

チャクラは、人それぞれの肉体的、精神的、あるいは性格の特徴を現す源になるエネルギーセンターなので、その人の放つオーラの色とも密接な関係があるようです。

チャクラ

第1チャクラ(ルート)

場所: 尾骨のあたり
色:  赤色

第1チャクラは、すべての「基盤」となるチャクラです。尾骨あたりから足を経由して自分自身と大地とつながり、生命力の基盤を司っています。

魂としての自分だけでなく、肉体を持つ自分が、今この地球にいることをしっかりと感じて、自分の肉体に感謝しながら、日々を送ることが大切です。

第1チャクラが不調和な時

第1チャクラのバランスが崩れて、動きが弱くなると、自分自身の基盤が揺らいでしまい、不安や怖れの気持ちで心が不安定になりやすくなります。

身体面では、便秘・下痢・腰痛など、尾骨周辺の不調が現れることもあります。

第1チャクラのバランスが整っている時

第1チャクラのバランスが整い、活性化された状態でいる時は、自分自身の基盤がしっかり構築できている状態で、気持ちも安定しやすくなります。

生きることに対する安心感と自信を持つことができ、地に足のついた安定的な心の状態でいられます。

第1チャクラバランスを活性化する方法

  • 普段からウォーキングやストレッチなどの軽い運動や足腰の強化を心がける
  • 根菜類を食べる(自然の恵みをいただく)
  • アーシング(土や芝生の上を裸足で歩く)

第2チャクラ(セイクラル)

場所: お臍の下の丹田のあたり(仙骨の近く)
色:  オレンジ色

第2チャクラは丹田や仙骨の近くに位置し、第1チャクラと同様に「生命力」を司っています。

第1チャクラと連動していて、第1チャクラの基盤がしっかり整うことで、第2チャクラへ良い影響が与えられ、「生きる喜び」「向上心」などをもたらしてくれます。

第2チャクラは、感受性や欲求、心の本音の部分と直結していて、頭で考えていることと本音の部分が一致していないと、人生に生き辛さを感じてしまい、第2チャクラのバランスを崩しやすくなってしまいます。

第2チャクラが不調和な時

第2チャクラのバランスが崩れて、動きが弱くなってしまうと、「楽しむこと」「喜ぶこと」という感情が薄れてしまい、人生を前向きに生きようとする気力が弱まってしまいます。

身体面では、腸・前立腺・腰などの仙骨付近の体調不良を引き起こすこともあります。

第2チャクラのバランスが整っている時

第2チャクラのバランスが整うと、「人生を自分らしくより良く生きたい」という欲求が生まれます。

「もっと自分らしく生きたい」「もっと楽しい時間を過ごしたい」「より充実感を感じられる人生にして行きたい」という本質的な望みから、「もっと上質な人生を送りたい」「もっと美味しいものを食べたい」「もっと美しい景色を見たい」という物質世界ならではの願望も芽生え、実際に行動する意欲も湧き起こるようになれます。

第2チャクラバランスを活性化させる方法

  • 何事も自らの意志で物事を決める
  • 呼吸法で心身を整える
  • 心を動かされる本を読む
  • 美術・映画鑑賞をする
  • 自分の感性を刺激されるようなものに多く触れる
木陰で読書する女性

第3チャクラ(ソーラープレクサス)

場所: 胃や鳩尾(みぞおち)のあたり
色:  黄色

第3チャクラは臍(へそ)のやや上に位置し、「自己」「個人」を司っています。

第1・第2チャクラのような基本的な欲求から一歩進み、第3チャクラではより個人的な欲求や問題を司ります。

第3チャクラは、自我や個性、ネガティブな感情である「不安感」などに直結しています。

緊張したり不安になったりすると、胃のあたりがキュッと締め付けらる感覚は、第3チャクラの反応です。

他人の妬みや僻みも第3チャクラ(みぞおちのあたり)にエネルギーが溜まりやすく、第3チャクラにダメージが起きます。

第3チャクラが不調和な時

第3チャクラのバランスを崩してしまうと、自己実現力や自分の思考やアイディアを主張する力が弱まります。

人生を主体的に生きることができず、いつも受け身になり、依存する気持ちが芽生え、自分自身を健全な形でコントロールする力が弱まってしまいます。

自分に対する自信が弱いので、他人に気を使いすぎてしまったり、自分自身を過度に不甲斐なく思うこともあり、逆に他人や環境に怒りや不安の感情も抱きやすく、気分が安定せず、人生に生き辛さを感じてしまうことも多くなりがちです。

身体面では、胃腸の不調、ぽっこりお腹、糖尿病など、お腹周りの不調が起こりやすくなります。

第3チャクラのバランスが整っている時

第3チャクラのバランスが整うと、自分自身への自信や信頼感が戻り、自己実現力の欲求が強まります。

自分には絶対的な価値があると自分に対する自信や信頼感を寄せることができ、自分の願望に全力で力を注ぐことができます。

また、何事も自らの意志による行動の選択が取れるために、自分の行いに自己責任の自覚があるので、決して他人のせいにせず、精神的に自立しています。

第3チャクラバランスを整える方法

  • 自分の好きなことを知り、全力で楽しむ
  • 目標を設定し、達成する喜びを感じる
  • 目標を達成した経験を通して自己肯定感を伸ばす

第3チャクラを活性化させるには「主体性」と「自己愛」を伸ばすことで、より効果アップが期待できます。

空を仰いで両手を広げる女性

第4チャクラ(ハート)

場所: 心臓、胸のあたり
色:  黄緑、エメラルドグリーン

第4チャクラは胸の中央に位置し「愛情」を司ります。

第3チャクラで育まれた自己愛を、第4チャクラの活性化によって、他者にも愛を与えられ、自分や他者への愛や信頼を、より豊かにもたらすことができます。

また、7つのチャクラの中心でもある第4チャクラは、物質界(現世)とスピリチュアル界を繋ぐ役割も果たしています。心をオープンマインドにしておくことを心がければ、外からくる情報や内から沸き起こる直感を、素直に(健全に)聴き入れ、人生に活かして行くことができます。

心臓が弱い人や心臓の調子が悪い人も、第4チャクラのバランスの崩れが原因となる場合があります。

第4チャクラが不調和な時

第4チャクラのバランスが崩れると、愛を持って自分や他者に接することができなくなり、自分や他者との愛情や信頼を築くことが難しくなってしまいます。

他者との密接な関係を避けたり、疑い深くなったり、心を閉ざしたり、あるいは他者に対して攻撃的になります。

「愛情」と真逆の言動が目立つようになるため、どんどん孤立していき、あるいは自ら孤立するようになり、やがて自分のことも愛したり信じることができなくなります。

他者との繋がりが希薄になっている現代は、第4チャクラが原因で心身の不調を起こす人が多いとされています。

肺や心臓などの重篤な病気にかかりやすくもなるため、第4チャクラのバランスを健全に整えることは、自分の命を尊び大切に扱うことでもあります。

第4チャクラのバランスが整っている時

第4チャクラのバランスが整うと、「他者への愛情」が芽生え、たましレベルでの成長も期待できます。

この世のすべての物事に繋がる(ワンネスの)感覚を、肌で感じられ、心が寛容になり、何事に対しても、無条件の愛情を注ぐことができるようになります。

第4チャクラバランスを活性化させる方法

  • 日常にある当たり前の幸せに気づいて感謝の気持ちを持つ
  • 自分の中にある傷ついた感情を癒してネガティブな感情を手放して行く
  • 自己愛を健全に育む

まずは自分の心を愛で満たしてあげてください。

そうすることで、健全な形で第4チャクラを活性化させることができ、自分の心が愛や満足感で満たされて行けば、自然に無理なく、他者へも愛を寄せることができるようになります。

ハートに手を当てる

第5チャクラ(スロート)

場所: 喉
色:  水色、ターコイズブルー

第5チャクラは、意志や自己表現・コミュニケーションを司るチャクラです。

第5チャクラが整うと、自分の在り方(魂)を表現する力がアップします。

「私はどんな人間なのか?」「人生で何を成し遂げたいか?」「私はどんな人間になりたいか?」といった自己実現欲求に直結しており、第5チャクラの活性化によってその力が引き出されます。

第5チャクラが不調和な時

第5チャクラのバランスが崩れてしまうと、自己実現力や自己表現力が弱まってしまいます。本心とは裏腹の行動を取ってしまったり、自分より他人を優先してしまい、心身ともに疲弊してしまいかねません。

身体面では、首周りの不調も起きやすく、肩こりや喉の痛み・咽頭や甲状腺の疾患にかかることもあります。

第5チャクラのバランスが整っている時

第5チャクラのバランスが整うと、自分の意志や気持ちを、健全な形で無理なく表現できるようになります。

理想の自己を実現したいという欲求を、自由に、そして健全に表現できるので、他者への影響力も増すようになり、他者からの協力も得られやすくなり、自分だけでなく周囲の人たちと一緒に成長して行くことができます。

第5チャクラバランスを活性化させる方法

  • 自分に素直になれるように癒しのプロセスを進ませる
  • 自分の正直な気持ちや考えを、周囲や相手に適切に伝えるように心がける
  • アウトプット方法を工夫し、自分のアウトプット力を上げる
おしゃべりしている二人

第6チャクラ(サードアイ)

場所: 眉間のあたり
色:  藍色、インディゴブルー

第6チャクラは眉間の中央に位置し、物事を正確に見抜く力を司っています。インスピレーション能力にも関係しています。

第6チャクラは、サードアイ(第三の目)とも言われていて、サードアイが開くと未来を予知することができたり、肉眼では見えないオーラなどのエネルギーが見えるようになったりもします。

自分と他者を含むこの世のすべての存在や出来事を、自我による偏見や色眼鏡なしで捉えることができるようになり、物事の本質を見抜くことができます。

第6チャクラからは、スピリチュアルな領域とのつながりがより深くなり、直感力やスピリチュアルな意識の高まりが実感できるようになります。

第6チャクラが不調和な時

第6チャクラのバランスが崩れてしまうと、物事の本質を見抜く力が弱まります。

「人や物を外見で判断する」「体裁だけを整えて取り繕おうとする」「失敗を隠したり言い訳が増える」「自分を正当化することに意識が捉われてしまう」など、自分を身の丈以上に良く見せようとすることに力を注いでしまうため、自分自身の健全な成長を、むしろ自ら遅らせてしまうことになってしまいます。

身体面では、頭痛や眼精疲労など眉間の周囲に不調が現れやすくなることがあります。

第6チャクラのバランスが整っている時

第6チャクラのバランスが整うと「本質を見抜く力」が養われて行きます。

どんな状況でも、冷静に物事を捉えて判断することができるため、自分の望む成功により早く近づくことができます。

また、洞察力も磨かれ、人間関係も円滑になり、物質的な物に固執しなくなるなど、日々の生活を、より健全な豊かさを見出し、充実感を持って過ごして行くことが可能になります。

第6チャクラバランスを活性化させる方法

  • 自分の感覚を大切に行動することを心がける
  • ふいに浮かぶアイディアを気のせいと流さずにメモする習慣を心がけ、そしてそのアイディアを行動に移してみる
  • 自分が興味のある分野を追求してみる
  • 雑念と直感の違いに気づいて行くために瞑想をする

客観性(冷静さ)と直感力をバランス良く使いこなして行くことで、第6チャクラはどんどん活性化されます。

第7チャクラ(クラウン)

場所: 頭頂
色:  紫色

第7チャクラは私たちの頭頂部に位置し、「スピリチュアリティ」を象徴しています。

冒頭で、チャクラは現実世界とスピリチュアルな世界を結び付けているとご紹介しましたが、第7チャクラは、スピリチュアルな領域と深くつながっています。

第7チャクラが不調和な時

第7チャクラが閉じていると、自分と自分以外の繋がりを実感できず、自分の居場所がないような孤独感を感じてしまう場合があります。

第7チャクラは、他のチャクラと違い、バランスが崩れることはなく、「閉じていないか?」「どれだけ開いているか?」が大切になってきます。

第1~第6チャクラのバランスを整えることで、第7チャクラは自然と開かれ、スピリチュアルな意識とのつながりを強めて行くことができます。

第7チャクラバランスを活性化させる方法

  • すべては一つに繋がっているという「ワンネスの意識」を持つ
  • スピリチュアルな意識に思いを馳せる
  • 自分が生かされていることに気づいて感謝をする
  • 日常の小さな幸せを当たり前とせずに大切にする
  • 人に親切になることを心がける

スピリチュアルなことに美しさを感じたり、興味が湧いている時点で、第7チャクラが開き始めている証拠です。

スピリチュアルは、魔法でもなければ、宗教でもありません。スピリチュアルな宇宙の叡智であり、哲学です。

その叡智や哲学に沿って生きることで、自分の才能や資質を最大限に生かして、人生を充実感を持って過ごして行くことが可能になります。

そして、日々、6つのチャクラを整えることを心がけることが、人生を、より自分らしく、より質の高いものへ、好転させて行く鍵になると考えられます。

チャクラ

チャクラのバランスが取れていない時、体調(臓器)や人生に不調を感じてしまいます。

不調を感じる時は、ネガティブな感情も伴っていると考えられます。

ネガティブな感情に過度に引っ張られている状態の中では、チャクラにバランスが欠いている状態だと気づくことができても、なかなかそこから回復へつなげて行くことができない時があります。

14日間無料メール講座では、自然に無理なく、自分の中のネガティブな感情を健全に癒して行くための【癒しのための3ステップ】を公開しております。

無料ですので、お気軽にご参加ください。

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

ABOUT

緑川アリス
Alice Midorikawa

スピリチュアルセラピスト、ヒーラー
ソウルファシリテーター

人生での停滞や生き辛さを感じる時に、このサイトの記事が少しでもお心を軽くさせることにつながり、幸せへ向かうためのヒントやきっかけになりましたら幸いです。
ABOUT