• HOME
  • 復習Lesson5

幸せ体質へシフトするためのスキルアップ講座

Lesson5 スキルアップワーク②

〇スキルアップワーク②

1.本当はどうなったらいいの?
本当はどうなったらいいの?
本当はどうしたいの?

2.思考のクセを健全に扱っていく
本当はどうなったらいいの?
本当はどうしたいの?
の問いに答えた自分の望みを、下のような文になるようにあてはめてみる
〇〇が欲しい
〇〇〇〇たい / 〇〇〇〇ない
〇〇〇〇べき / 〇〇〇〇べきではない
もし、望んでいることが上記の文にあてはまらないと感じる時は、無理にあてはめなくてOK

3.望んでいることを未来に叶いやすい「幸せ像」へリフレーミング
私は、〇〇になりつつあります。
私は、〇〇を手に入れつつあります。
主語は必ず「私」にして、現在進行形の文にする

〇ワークの解説

本当はどうなったらいいの?
本当はどうしたいの?
を自分の言葉で言語化できたことは自分が未来に叶えたい「幸せ像」

〇〇が欲しい
〇〇〇〇たい / 〇〇〇〇ない
〇〇〇〇べき / 〇〇〇〇べきではない
という文の形で望んでいることが見つかる場合は、思考のクセが不要に発動して
「ない」現実を未来に引き寄せやすくなるリスクがある

  • 逆引き寄せのスパイラルを健全に回避するためにも、未来に叶いやすい言葉のフレーズへリフレーミングをするようにする
  • そのフレーズは、主語を「私」にして現在進行形の文にすること
  • リフレーミングや幸せ像のイメージがうまくできない時や、自分らしい「幸せ像」のイメージがうまく描けない時は、スキルアップワーク①で何が嫌なのかを思いつく度に書き出してみて情動レベルで本音を吐き出してなるべく感情をクリアリングしていくようにする

第三者との問題について

  • 自分以外の第三者(他者)を自分の意に沿うように動かそうとしたり、変えようとしたりすることは不可能
  • 第三者との関係性で悩んでいる人は、スキルアップワーク①で、第三者との関係性の中で特に何が嫌なのかを書き出して、まずは感情を吐き出してクリアリングする
  • 自分は第三者とどのような関係性を築きたいのか「幸せ像」を考えてみるようにする
  • その「幸せ像」は、相手にとっても「幸せ像」かどうか相手の立場に立ってよく考えてみること
  • 相手にとっても自分にとっても「幸せ像」であれば、それが真実に最も近い「幸せ像」

〇現実に意識を戻してグラウディング

  • 現実的に不可能な漠然とした魔法のようなことを無意識にも期待している場合がある

自分にとって、現実レベルで最善なことは何だろう?という視点で、
本当はどうなったらいいの?
本当はどうしたいの?
この問いに答えてみること

  • 現実的に望んでいることが実現可能かどうか冷静に判断できる自分を健全に取り戻すこと

ABOUT

緑川アリス
Alice Midorikawa

ライフコーチ
スピリチュアル心理カウンセラー
手相家

人生での停滞や生き辛さを感じる時に、このサイトの記事が少しでもお心を軽くさせることにつながり、幸せへ向かうためのヒントやきっかけになりましたら幸いです。

心の調和が育まれる
ソウルセラピー講座
(無料メールレッスン)

自分の心の叫びの声の先には、たくさんの「自分らしい幸せ」や「人生の宝物」が見つかります。
自分らしい幸せが見つかると、
✦生きづらさからもどんどん解放され
✦生きることが楽になり
✦自分らしい幸せをどんどん
 膨らませられるようになります。

お気軽に無料メール講座にご参加ください。

※メール講座が休止中の期間は、メルマガにご登録の上、再開をお待ちください。
ABOUT