• HOME
  • スキルアップ講座Q&A

Lesson1 自分の心に正直になる

Q:

A:

 Lesson2 スキルアップワーク①

Q:何が嫌なのかなどの不満を書き出すことに罪悪感や躊躇が出てきてしまう

特にそれの何が嫌なのかなどの不満を書き出すことに罪悪感や躊躇が出てきてしまい、なかなか自分の言葉が出て来ません。

A:
罪悪感や躊躇が出てきてしまう時、罪悪感を感じてしまう自分、躊躇してしまう自分をあるがまま「それでいいよ」とまずは認めて、寄り添ってあげてください。
罪悪感を持たなくていいと言われて、罪悪感を持ってしまう自分を責めてしまうことがあるので、まずは「罪悪感を持ってもOK」と自分で自分のことを許してあげてください。
そうすれば、少しずつ罪悪感を持ってしまうことに対する張り詰めた気持ちを緩めていくことができるようになります。
どんな感情もあるがまま感じることができるようになれば、健全に感情をクリアリングしていくことができますので、ネガティブな感情を感じることに少しずつ慣れていくようにしてみてください。
そうすれば、少しずつ、何が嫌なのかなどの不満を素直に書き出していくことができるようになると思われます。

Lesson3 幸せ体質へスキルアップするための第一歩

Q:マインドフル瞑想に取り組んでもなかなか気分を回復させることができません

マインドフルを心がけると良いとのことですが、私は以前からマインドフル瞑想に取り組んでいるのですが、気分が落ちてしまった時にマインドフル瞑想に取り組んでもなかなか気分を回復させることができません。

A:
本講座で推奨しているマインドフルとは、今この瞬間の自分の気分に気づけるようになることです。
特に不快になっていることに意識して気づけるようになれれば、意図的にネガティブから自分を切り離していくことがうまくできるようになります。
今この瞬間の自分の気分が落ちてしまった時に、たとえすぐに気づけるようになれても、すぐに気分が回復する訳ではないのでご注意ください。
気づけるようになれれば、そこから自ら意図的に自分の気分をそのまま気分が下がった状態のままでいるのか、あるいは、リフレッシュをして下がった気分を一旦ニュートラルな状態まで移動させるかは、全て自分の選択で決めていくことです。
マインドフル瞑想等を活用して、気分が落ちている意識の状態から呼吸に意識を向けることで、ネガティブに引っぱられている気分から呼吸をしている肉体へ意識が移動することで、それが気分のリフレッシュにつながり、ネガティブでもいい気分でもない意識へまずは回復させることができます。
回復といっても、気分が落ちた状態から、ニュートラルな状態へ移動しているだけなので、気分としては±0のネガティブでもポジティブでもない気分ですので、気分が回復したという実感が持ちにくいかもしれませんが、まずは、マイナスからゼロに気分が戻る感覚に慣れていくようにしてみてください。

Lesson4 

Q:心をブレにくく強くすることはできませんか?

人間は心がブレやすいと言いますが、心をブレにくく強くすることはできませんか?

A:
最も心がブレにくい状態は、ブレている自分もそのまま受け入れていける「しなやかな心のあり方」でいることです。
例えば、融通の利かない強さ、頑固さというのは、ポキッと折れやすいものですが、柔軟でしなやかな思考や心のあり方を心がけることができれば、レジリエンス(心の耐性)が強くなり、心がブレにくくなると考えられます。

Lesson5 

Q:

A:

Lesson6 

Q:

A:

Lesson8 

Q:

A:

Lesson9

Q:

A:

Lesson10

Q:

A:

Lesson11

Q:

A:

Lesson12

Q:

A:

Lesson13

Q:

A:

Lesson14

Q:

A:

ABOUT

緑川アリス
Alice Midorikawa

ライフコーチ
スピリチュアル心理カウンセラー
手相家

人生での停滞や生き辛さを感じる時に、このサイトの記事が少しでもお心を軽くさせることにつながり、幸せへ向かうためのヒントやきっかけになりましたら幸いです。

心の調和が育まれる
ソウルセラピー講座
(無料メールレッスン)

自分の心の叫びの声の先には、たくさんの「自分らしい幸せ」や「人生の宝物」が見つかります。
自分らしい幸せが見つかると、
✦生きづらさからもどんどん解放され
✦生きることが楽になり
✦自分らしい幸せをどんどん
 膨らませられるようになります。

お気軽に無料メール講座にご参加ください。

※メール講座が休止中の期間は、メルマガにご登録の上、再開をお待ちください。
ABOUT