• HOME
  • Day2 思考を止めるための簡単な行動

意識レベルを不要に下げないために

Day2では、ネガティブな心の反応が起きた時に、自分の大切な意識レベルを不要に下げないために、効果的な「簡単な行動」について、詳しく解説をしてまいります。

ネガティブな心の反応が起きた時の対症療法

物事(外的な要因)に対して、ネガティブな心の反応が起きて、ネガティブな気分になってしまったとき、今この瞬間の自分の不快な思考をストップさせて気分を回復させるために、以下の「簡単な行動」をしてみることをおすすめします。

  • 瞑想をする
  • 寝る
  • 散歩をする
  • 掃除をする
  • 家事をする
    など

対症療法の最大の目的

本講座で提案している、ネガティブな心の反応が起きてしまった時の一時的な対症療法の最大の目的は、今この瞬間にもネガティブ思考にのみ込まれてしまいそうな状態を半強制的にでもストップをかけて、自分の意識レベルを不要に下げないようにすることです。
ネガティブな心の反応が起きている時は、ネガティブ思考の勢いがつきやすい瞬間でもあります。
そのため、その勢いが強くなる前に意識して自ら思考を止めようとすることで、ネガティブ思考の勢いを未然に防ぐことができます。

ネガティブ思考に勢いがついてしまうと、どんどんネガティブ感情にのみ込まれてしまい、止めることがかなり難しくなります。
したがって、なるべく早めに、まだネガティブの勢いが弱い段階で思考を止めることができれば、ネガティブの波が大きくなることをうまく回避することができます。

瞑想をする

瞑想は、思考を健全に止めるための最強のツールです。
瞑想は、人生の流れを好転させるための最適な方法でもありますので、日々の生活の中に瞑想を取り入れるようにしてください。

思考を止める瞑想をする時の姿勢

瞑想をする時の姿勢は、胡坐(あぐら)をかくか、椅子に座るなどして、背もたれにはなるべく寄りかからずに背筋を伸ばしましょう。
手は膝または腿の上に軽く置いてください。
手のひらの向きは、上に向けても下に向けてもどちらでも好きな方でOKです。

また、横になってもかまいません。
瞑想をしながらそのまま眠ってしまっても問題ありません。
そのままお昼寝に入るつもりで瞑想することもおすすめです。

瞑想

1つのことに意識を向ける

瞑想をする上で重要なことは、自分の思考を止めることを目的に、呼吸などの1つのことに意識を向けることです。
呼吸に意識を向けること以外では、聞こえてくるエアコンの音にただ意識を向けるなどして、自分の意識を思考から他の1つのことに向け続けるようにしてください。

呼吸に意識を向ける際のポイント

呼吸に意識を向ける時は、深い呼吸でなくても大丈夫です。
今の自分にとって最も自然で心地良い呼吸をするようにしてください。

浅い呼吸が快適な場合は、無理に深い呼吸を求める必要はありません。
自分の今の自然な呼吸のリズムを尊重して、自分に負担がかからないようにしてください。

もし深めの呼吸でも心地良さを感じられるようでしたら、次の方法で瞑想を行うのもおすすめです:
3回ゆっくり数えながら息を吸い込み、
4回ゆっくり数えながら息を吐き出します。

自分にとって、その時の最も快適な呼吸のリズムを見つけて、呼吸に意識を向ける瞑想に取り組んでみてください。

瞑想をするタイミング

瞑想をするタイミングは、ネガティブに引っぱられそうになる時に思考を止めることを目的に取り組むことをおすすめします。
また、瞑想は、取り組めば取り組む程、自分の意識レベルを高めることができますので、朝晩のルーティンにすることもおすすめです。

ネガティブな心の反応に気づいた時

ネガティブな心の反応が起きるたびに数分間の時間をかけて、「思考を止める瞑想」に取り組んでみてください。
時間のない時は数秒でもOKです。
ほんの一瞬でも、ネガティブ思考と距離を置いて「ほっとする感覚」や「ネガティブな気分が少し緩む感覚」が持てた時の感覚を、ぜひ大事にしてください。
そして、この「ほっとする感覚」や「ネガティブな気分が少しでも緩む感覚」を少しでも多く持てるように、今の自分が無理なくできる最善を尽くすようにしてください。

朝晩のルーティンにする

また、最低でも1日の中で朝晩の2回、5~10分間「思考を止める瞑想」を行うようにしてください。
毎日ほんの少しの時間を取って「思考を止める瞑想」を続けることで、次第に現実が良い方向へ動き出す感覚を持てるようになります。

寝る

日中、ネガティブな心の反応が起きていることに気づいたら、可能でしたら思い切って20分ほど昼寝をしてください。
昼寝をしている間は一時的に思考が静まり、ネガティブから解放されることができます。
今この瞬間、自分の心を支配しつつある「ネガティブ思考」を止めるためにも、短時間の昼寝は、リフレッシュ効果もあり、とてもおすすめです。

寝る

散歩をする

散歩の目的は、思考を止めてリラックスしながら散歩を楽しむことです。
しかし、散歩中に日頃のストレスや不満にふと意識が向いてしまい、ネガティブな思考が頭に巡ってくることもあるかもしれません。
最初は意図していなくても、気づくとネガティブな思いにとらわれることがあります。
そのような場合は、ネガティブ思考に気づいたら、散歩を楽しんでいることに集中しなおして、その思考を意識的に止めてください。

散歩

その代わりに、ただ淡々と歩いていることにマインドフルになってみたり、散歩をしながら肌に感じる風に意識を向けてみたり、空を見上げたり、公園の景色に目を向けることで、散歩を純粋に楽しんでいることに自分の意識を戻すようにしてください。

日々の生活の中で、散歩を通じて、ネガティブ思考を手放して気分をリフレッシュすることで、自分の大切なエネルギーを不要に下げることを減らして、自分のエネルギー(意識レベル)を健全に高く保持できるようになります。

掃除をする

ネガティブな心の反応が起きていることに気づいたら、掃除に集中してみてください。

ただ思考を止めて、無心になって掃除をするだけでも充分な効果がありますが、もし可能であれば、物が整理されて片付いていくスッキリ感、床がピカピカに綺麗になっていく爽快感を楽しんでみてください。

掃除

お気に入りの音楽や、気分が良くなるラジオ放送(またはYouTube)などを聞きながら掃除をすることも、ネガティブ思考を止めて気分をリフレッシュさせることができるので、おすすめです。

家事をする

普段は義務的にストレスを感じながらやっていた家事も、ネガティブ思考をリセットするツールとして活用することで、家事も楽しくサクサクとこなすことができます。

家事をする

家事をする際も、お気に入りの音楽や気分が良くなるラジオ放送(またはお気に入りのYouTube)などを聞きながら家事をすることで、よりリフレッシュ効果が増しますので、試してみてください。

ネガティブな心の状態から中庸へ

これらの方法は、思考を止めて、ネガティブな心の状態から中庸(ニュートラルな意識状態)へと気分をシフトさせるサポートになります。

少しでも思考を止めることができれば、気分を早期に回復させることにつながり、さらには、困難な状況から自分を守り、望まない現実を早期に好転させることが期待できます。

ですので、自分のネガティブな心の反応に気づけたら、まずは「思考を停止させること」が未来の自分らしい幸せのために今の自分ができる最善の行動だということを、意識してぜひ実践してみてください。

Day3へ

Day3 自分の意識レベルを高く保持するために
パスワード: djdj

振り返り

オリエンテーション
パスワード: mfive

Day1 人生を好転させるために
パスワード: djdj

特典プレゼント

幸せ脳になるために

幸せ脳になるために
ブレイクスルーを引き起こす
~毎日の小さな幸せ習慣~

パスワード: daily

注意・免責事項

  • 本講座でお伝えさせていただいている内容は、あくまでもご提案に過ぎません。ご参加者様のご判断と自己責任のもとで、取り組んでくださいますようお願い致します。
  • 本講座でお伝えしておりますコンテンツや、ご紹介しております情報につきましては、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、情報が古くなっていたりする場合もございます。

エモーショナル・リフレッシュ
幸せを未来に引き寄せる
ハッピーマインドシフト講座

ABOUT

緑川アリス
Alice Midorikawa

ライフコーチ
スピリチュアル心理カウンセラー
手相家

人生での停滞や生き辛さを感じる時に、このサイトの記事が少しでもお心を軽くさせることにつながり、幸せへ向かうためのヒントやきっかけになりましたら幸いです。

心の調和が育まれる
ソウルセラピー講座
(無料メールレッスン)

自分の心の叫びの声の先には、たくさんの「自分らしい幸せ」や「人生の宝物」が見つかります。
自分らしい幸せが見つかると、
✦生きづらさからもどんどん解放され
✦生きることが楽になり
✦自分らしい幸せをどんどん
 膨らませられるようになります。

お気軽に無料メール講座にご参加ください。

※メール講座が休止中の期間は、メルマガにご登録の上、再開をお待ちください。
ABOUT